■湖南と信楽の御案内へ戻る 湖南アルプスコースガイド 帝産グループトップページへ戻る
Page.1

2.東の湖南アルプス(金勝山から狛坂磨崖仏コース)
ハイキングコースが整備されているので、家族連れでも安心してトライできます。
歩きやすい竜王山の稜線、森林浴を楽しめる奥山南谷林道など湖南アルプスの自然を存分に満喫できます。
又、金勝寺や狛坂磨崖仏など見所も多く、欲張りの人には取っておきのコースです。
JR草津駅東口(金勝公民館行き)->(帝産バス)コミュニティセンター金勝、乗換え
(金勝循環線 成谷線)->(くりちゃんバス(タクシー))->成谷->(歩2時間)金勝寺->(歩50分)龍王山->
->(歩15分)茶沸観音・白石峰->(歩5分)重石->(歩5分)国見岩->(歩25分)狛坂磨崖仏->
->(歩15分)南谷林道出会->(歩1時間15分)オランダ堰堤->上桐生(帝産バス停)
注) くりちゃんバスの車両はタクシーを使用しています。
予約制ですので時刻表で確認して申し込み願います。

「金勝山山頂付近から近江冨士方面」


見所紹介
    「こんぜの里」と「バンガロー村」
    こんぜの里は草津・栗東方面より県道12号(栗東信楽線)で南下して金勝山の裾野を越える峠に近い位置の公園(金勝山県民の森)として知られています。
こんぜの里には道の駅があり地元の新鮮な野菜を入手でき、付帯するバンガロゥー村はヨーロッパ風のお洒落なログハウスが9棟あり設備も充実しています。
公園の見晴らし台に立つと円形に大きく広がる芝生の広場の向こうに、大津市、草津市は元より琵琶湖方面に大きく開け、その景色が遠くまで望むことが出来雄大です。
   
「こんぜの里県民の森」
「バンガロゥー村」


    「ナンダサカ狛坂石段」
    緑の立木の中、整備された石段を一歩ずつ踏みしめて歩いて行くと湖南平野が一望に見えてきます。
   
「なんだ坂狛坂」の上から
「金勝寺〜竜王山」に向かう
稜線から「県民の森」方面



■湖南と信楽の御案内へ戻る       次へ