■湖南と信楽の御案内へ戻る 「紫香楽・鍛冶屋敷遺跡の発見」 帝産グループトップページへ戻る

平成の世に天平の都・紫香楽宮を思う「紫香楽・鍛冶屋敷遺跡の発見」
 今、滋賀県信楽町では甲賀寺(旧紫香楽宮跡)、紫香楽宮(宮町遺跡・現在発掘調査中)、に続き鍛冶屋敷遺跡が発見され大規模な奈良時代中頃の鋳造工房跡の発掘を進めています。
 平成14年12月14日(土)、15日(日)の2日間滋賀県教育委員会・財団法人による発掘調査成果の現地説明会が行われました。

紫香楽宮遺跡と甲賀寺「大仏造顕の詔」 (だいぶつぞうけんのみことのり)
 天平15年〜17年(743〜745)の間に聖武天皇によって営まれた紫香楽宮は、平成12年度の発掘調査により現在の史跡紫香楽宮跡は甲賀寺であると考えられ、本当の紫香楽宮は宮町遺跡との見方が強くなっています。

 聖武天皇はこの紫香楽で天平15年に「大仏造顕の詔」を発したと『続日本書紀』記されており、その詔には国中の銅を尽くして仏像を作り、大きな山を削って仏殿を構えると宣言、この詔の4日後には甲賀寺の造成が開始されました。

 巨大な金銅廬舎那仏(こんどうりょしゃなぶつ)の製作が開始され、翌天平16年には仏像の「体骨柱」が立てられたと記されています。

紫香楽宮(宮町遺跡)発掘現場

奈良・東大寺の大仏造顕の起こりは紫香楽宮
 「大仏造顕の詔」を発し、甲賀寺が造営された紫香楽は仏都として栄える宿命を持つはずでしたが、しかし聖武天皇は紫香楽宮を放棄し平城京に戻っており甲賀寺の金銅廬舎那仏の製作は頓挫し、東大寺に受け継がれることになりました。

 天平17年5月に聖武天皇が紫香楽を去った後も甲賀寺の造営は続けられ、8世紀後半には近江国分寺になったことも考えられています。

紫香楽・鍛冶屋敷遺跡の発見
 現在進行中の第二名神・信楽インターチェンジの大規模な工事現場から鍛冶屋敷跡が発見されました。

 現地は甲賀寺(旧紫香楽宮跡)から東北方向約400メートルの丘陵縁辺部に位置します。

 以前より炉壁などが採取されており、ここに甲賀寺にかかわる鋳造工房があったことが想定されていました。平成12年度の試掘調査で奈良時代中頃の土器類、銅の溶解炉、銅の湯玉が出土しており、鋳造工房が存在したことがわかりました。平成14年8月からの発掘調査で奈良時代中頃の鋳造工房の姿が明らかになりました。

鍛冶屋敷遺跡の発掘現場

鍛冶屋敷遺跡の発掘調査
 平成14年8月からの発掘調査は2000uを対象に実施され、現時点で検出している主な遺構は溶解炉9基(既に破壊されているものの存在が推定出来る物が5基)、鋳込み遺構11基、建物5棟分の遺構が確認されました。

 今回の発掘の中で特筆すべきは大型の鋳造品を製作した工房であった事、遺構の一つに仏像の台座と思われる六角形の台座(一辺が1.0m、内径2.0M)と梵鐘用の鋳込み構の発掘です。

 ここで製作された梵鐘は(直径1.8m、高さ推定2,7m)の鋳込み構です。奈良時代までの梵鐘の中では奈良・東大寺の梵鐘に次ぐ大きさで、甲賀寺の鐘楼にかけられた物と推定されます。

 またこの梵鐘の遺構から中型(中子)が鋳造物を取り出す時に落下した状態で埋められていました。

釣鐘鋳込み構(落下した中子が見えます)


天平時代の銅鋳込み想像図

 鍛冶屋敷遺跡は、甲賀寺に用いられた大型の銅製品を製作する官営工房が存在したことが明らかになりました。

 これまでの調査事例に見る事がない貴重な遺跡の発見でありました。

 巨大な廬舎那仏を安置すべく聖武天皇によって発願された甲賀寺の造営過程を知る貴重な手がかりを示すものであり、この遺跡以外にも寺院造営にあたった金属工房、木工、漆工、瓦工など周辺にあった事が推測されます。

 近くに住む住民の間では、ここで「大仏の頭」が製作されたとの言い伝えがあり、子供の時にそんな話を聞かされた人が弊社にも居りました。

転載資料
 本件の内容は平成14年12月14日の現地説明会のおいて配布された、滋賀県教育委員会及び財団法人滋賀県文化財保護協会の資料を使用いたしました。

■湖南と信楽の御案内へ戻る       おわり